みんカラの後を追う?インスタ系自動車SNS「CARTUNE」

みんカラを追う自動車SNSCARTUNE

自動車系SNSといえば「みんカラ」ですが、最近、新しい車とカスタムの写真共有SNS「CARTUNE」がじわじわ人気を集めているようです。

「みんカラ」もいいんだけど

2004年ごろから続いているみんカラ、私も以前少し使っていましたが、持っている車を年式まで細かく登録できたり、整備手帳なども書けたりしてクルマの所有欲を高めてくれるのにはとても良いSNSだと思います。新しいクルマ友達を作ったり、オフ会を企画したり。

※みんから=”みんなのカーライフ”の略ですが、どちらかというと”みんなのカラオケ”だろう、って思います。

投稿の煩雑さ

ただ、作りこみが細かい楽しさの反面、手軽に投稿しづらいのがデメリットです。

何か投稿しようと思ったら、これだけ選択肢があるんです。

みんカラを追う自動車SNSCARTUNE

例えば、ちょっと車いじりをした時は、「整備手帳」に手順を書いて、「パーツレビュー」に買ったパーツの内容を登録して…といった使い方ができます。気軽に投稿したかったら「ブログ」だけ書いてもいいですが、せっかくフォーマットがあるのにな…という気分にもなります。

なので、生活の中でクルマの比重が高かったり、時間があってがっつりみんカラを使ってるときは結構楽しんで書けるのですが、忙しくなってくると片手間に投稿するにはちょっと敬遠してしまうところがあって、私もあまり使わなくなってしまいました。

ライトユーザには少し敷居が高く感じる

あとは、「(ステッカーでも何でもいいから)何か車をカスタムしてないといけない」or「クルマに強いこだわりがある、もしくはクルマを語れる」ユーザーじゃないといけない、という前提が雰囲気としてあるように感じます。自動車SNSなので仕方ないでしょう、という所もありますが、ライトユーザーからするとちょっと入りづらいのかな、というイメージがあります。

人と繋がれる楽しさと、面倒さ

みんカラにはグループ機能があるので、同じ車やカスタムをしている仲間同士でグループを作って盛り上がったりオフ会の企画をしたりできるのがみんカラの魅力ですが、そのまま裏返しにすると、揉め事がしばしば起こったり、人との濃い繋がりが煩わしくなってみんカラを離れてしまうユーザも多くいます。

手軽な写真投稿をメインにした「CARTUNE」

というわけでここ10年以上、自動車SNSといえばみんカラ一本だったのですが、昨年2017年に登場したのが「CARTUNE」で、じわじわとユーザーを増やしています。みんカラと併用で、という人もいるようです。

みんカラを追う自動車SNSCARTUNE みんカラを追う自動車SNSCARTUNE

画面はさながらGoogle+やインスタグラムのような感じです。

みんカラを追う自動車SNSCARTUNE

投稿についても写真とコメントを書くだけのお手軽さです。タグが付けられるのもいいですね。

ナンバープレートを自動で消してくれる機能もありますが、試しに1~2枚写真を選んでみたところうまくナンバーを認識してくれなかったので、写真との相性があるかもしれません。

ちょっと車寄りのインスタグラム、Facebookのような感覚で使えるので、ライトユーザーも使いやすいと思います。

まとめ

みんカラは、ヘビー寄りのクルマ好きユーザー、CARTUNEは車を生活のアクセサリとして楽しむライトユーザーも楽しめるSNSだと思います。みんカラを使っている人も、どちらも使ったことがない方も、クルマのある生活、クルマのある風景を楽しむのにはもってこいなので、ぜひ使ってみてください。

車とカスタムの写真共有SNS「CARTUNE」

Android、iOSどちらにも対応しています。

ただ、こうしてオンラインで”インスタ映え”するスポットが共有されていくことで、そこに人が集まってしまって近隣に迷惑をかけてスポットが閉鎖になってしまう、ということもあるので、インターネットやSNSの普及というのはなんとも難しいところです。

コメントを残す

※表示されるアバターの変更は、こちらをご覧ください。

JPEG画像のみ添付することができます

*